当たり屋による交通事故の被害

Q、当たり屋と思われる場合の事故の保証について

つい先日のことですが、車を運転中に交通事故の加害者となってしまいました。
スピードなど渡しておらず、徐行状態で左折をしようと思ったのですが、そのときに後ろから走ってきた歩行者と接触してしまいました。
被害者となった歩行者の方がしばらくの間道路に倒れ込んでいたのですが、僕はすぐに車から降りて声をかけました。
そして警察を呼ばなくてはならないと思い電話を取り出したところ、警察は呼ばなくても今から病院に行くための費用を支払ってくれれば良いと言われました。

でもこのような状況の中でこのまま警察に連絡をしないというのはよくないと思い、ちょっと待ってくださいと言いながら警察に連絡を入れたのですが、その後保険会社にも連絡を入れて今後の保証問題については保険会社にお任せすることにしています。
しかし、警察の実況見分などをしている中で同じ被害者の方が同じような事故に何度もあっているという話を聞いて、もしかしてこれって当たり屋じゃないのかと思いました。

もちろん、確実な証拠などはありませんし、僕自身が加害者であることは間違いないのですが、被害者が当たり屋であった場合には僕自身の過失が少なくなったりすることもあるのでしょうか?
スピードは出していなかったとはいえ、人身事故ですから、僕自身は刑事処分や行政処分などを受けなくてはなりません。
民事に関しては保険会社にお任せですが警察の方から聞いた話がなんとなく気になっていて、もし当たり屋であれば、とても悪質だし納得のいかないような気分になっています。

A、はっきりと確証するものがなければ過失割合などを変えるのは難しいと言えます。

近年では歩行者と自動車の事故について、歩行者側にも過失が認められるケースも増えてきました。
とは言っても歩行者に過失があるといわれるケースは歩行者が酔っ払っていて道路で寝ていたというケースや、突然ふらふらと車道に降りて来たなどといったケースになり、今回のようなケースでは被害者側に過失があるかどうかを判断するのはとても難しいと言います。
また、当たり屋であった場合にも、実際に当たり屋だということを確証するのはとても難しくなるため、目撃者がいることやご自身がドライブレコーダーなどを積んでいて証拠がなければ今現在の過失割合として、今後の話が進んでいくことになるでしょう。

当たり屋というのは非常に悪質な方法で賠償金目的のために車に接触してくるのですが、確かに上記のような事故のケースでは、当たり屋の可能性も考えられます。
ゆっくりと曲がるとしている車がいるにもかかわらず交差点に走って突っ込んでくるような歩行者というのは、一般的に考えれば、まずいないと考えられるでしょう。
にもかかわらず、自分から走って突っ込んできたということは賠償金目当ての当たり屋なのかもしれません。
しかし、前述の通り、それを確証するものがなければ当たり屋として扱うことはできませんから加害者の処分についても変わることはないでしょう。

実際に目撃者やドライブレコーダーによる焼香などがあれば多少なりとも加害者の過失が少なくなり、当たり屋に過失があると判断されるため被害者の負担は少なくなりますが、そうなるケースは本当に稀だと思っていた方が良いでしょう。
スピードを出していない状態での事故だったので怪我そのものをひどくなかったことや、さらに大きな人身事故などによって車両にも大きな損害が出てしまったケースを考えれば、少なからず救われた事故だと自分の中で処理するのが1番と言えます。
ただし、当たり屋だということがはっきり確証できるのであれば、そういった証拠を警察に届けるとともにご自身の保険会社にも提出し、それでも過失割合が変わらないようであれば弁護士さんに相談した上で過失割合についても検討し直してもらえるように交渉しましょう。
そうすることで今後の保険等級などについても変更がなく継続されるといったケースもあります。

投稿日:

執筆者:

新しい記事はありません