交通事故の被害者も免許に影響があるの?

Q、事故の被害者でも免許証に対して何かしら処分が下されることもあるのでしょうか?

交通事故が起きてしまった際に加害者というのは何らかの違法運転をしているので、免許証に対して減点やその他にも罰金などがあることは知っていますが、被害者でもこのような処分が下されることもあるのでしょうか?
被害者の場合には、あくまでも被害者ですから様々な処分などはなく加害者側からの保証を受けるとみとなっているのでしょうか?
日頃から運転をすることが多く、比較的車通りの多いところを通るので事故についてはいつも注意しているつもりですが、仕事上毎日車を使わなければならないので、万が一事故が起きてしまった際に免許に影響があると困ります。

当然加害者になってしまった場合には、様々な処分や免許証への影響があることを覚悟していますが、被害者となってしまった場合にはこうして処分についてどうなっているのか詳しいことがわからないので知りたいと思っています。

A、被害者でも状況によって免許に対しての影響があります。

交通事故の被害者加害者というのはあくまでも保証問題について大きな影響を持っているものとなり、実際に事故が起きた時の状況から違反運転をしていたかどうかについては被害者でも加害者でも関係ありません。
例えば追突事故の被害者となったケースでも、万が一被害者側がお酒を飲んでいたり携帯電話を見ていて、前の車にぶつかりそうになったため、突然急ブレーキを踏んだなどの場合にはこのような部分から免許に対しての減点が行われることになります。
もちろん飲酒運転の場合には減点だけでは済まずに、免許停止処分となってしまうでしょう。

その他にも一方通行の道を反対側から走行してしまったというケースでの被害者になった場合や、右折や左折禁止の場所でこのような標識は無視してしまったというケースでの事故についても被害者の免許証には当然ながら減点などの処分が下されることになります。
また何かしらの処分があれば行政処分として罰金や罰則金なども発生してきますので、被害者だからといって必ずしも全く影響がないと言うわけではありません。
前述の通り、あくまでも被害者と加害者は大きく気にしなければならないのが保証問題についてであり、免許に関しては事故が起きた当時の実況見分などを行った上で最終的な処分が決まることになります。

例えこのような部分で自分の処分を軽くしたいと思い様々な言い分を偽っていても、加害車両にドライブレコーダーが積んであったり、その他にも目撃者がいるようであれば被害者にも非常に大きな違反があったと認められ大幅な減点が行われるケースもありますので覚えておきましょう。
このような部分について詳しく知らないというドライバーさんもたくさんいるようですが、被害者はなんのお咎めもなく加害者からの保証を受ければ良いだけと言う認識でいると、実際に事故が起きてしまった際に困ることになります。”

投稿日:

執筆者:

新しい記事はありません