交通事故の加害者が怖い方で冷静な話ができない

Q、事故の被害者ですが、加害者の方が冷静に話し合いができません。とても困っています。

交通事故に遭ってしまい、これから保証問題について先方の保険会社などと話をしていかなくてはならないのですが、私が被害者であるにもかかわらず、加害者の方が過失割合について納得がいかないようで、毎日のように大きな声で電話をかけてきます。
冷静に話ができれば良いのですが事故が起きた時に一度お会いしたイメージだと、なんとなく怖い方のように思いました。
過失割合について、被害者である私にもたくさんの落ち度があったと保険会社または警察に説明しろと言われて困っています。

私は事故が起きた時の状況を素直に話したのですが、その内容に納得がいかないようでとても困っています。
私自身は事故が起きた状況を素直に話しただけなので加害者の方の言い分を飲むことになると、事故が起きた時の状況を偽らなくてはなりません。
そんなことをするつもりはありませんので、どうすれば良いのかととても悩んでいるのですが、こういったケースでは冷静な話し合いをするために何か良い方法はあるのでしょうか?
過失問題が決まらないとその後の保証についても話が進んでいかないため、そういった部分でも困っています。
被害者としては、病院にも通いたいし電話が鳴るたびになんだかとても憂鬱な気分になっています。

A、保険会社スタッフに相談した上で弁護士さんを立てることを加害者本人に伝えてみましょう。

事故の保証問題というのは過失割合が決まらなければ進めることができません。
過失問題については警察ではなく保険会社が決定しますので事故が起きた段階で警察を呼び、状況を話しているのであれば今後特に被害者として証言を変える必要は全くありません。
まずは保険会社に連絡を入れて、加害者の方から直接被害者の方に対して連絡を入れないようにと注意喚起を行ってもらいましょう。
それでもしつこく連絡をしてくるようであれば、加害者の方に対してこれ以上強引な証言をしろというのであれば弁護士を立てて話し合いを進めていくつもりでいますと伝えた方が良いです。
実際に脅迫めいた内容となれば弁護士を通じてこのような部分でも慰謝料の請求ができるケースがあります。

また怪我の治療なども控えていますので、できる限りスピーディーに話を進めていくためにもこのように伝えてみると良いでしょう。
その段階で加害者の方からの連絡が無くなればその後はスムーズに保証問題についてへと移行して行く可能性が高くなります。
さらに加害者からの連絡がヒートアップするようであれば、実際に弁護士に相談した上で弁護士から直接注意喚起を行ってもらうことや、このままだと脅迫として立件する可能性があるということを伝えてもらうと良いです。
直接弁護士から連絡があることによって、ふと冷静に我に返る加害者もいますので、こうした方法をとりましょう。
過失割合がしっかりと決まってしまえばその後の保証問題については保険会社と話し合いになりますのでさほど心配する必要はありません。

あくまでも加害者としては過失そのものを少なくすることによって刑事処分や行政処分などが軽くなるようにと思っての事でしょう。
このような部分についてすでに実況見分などが済んでいるようであれば、これ以上直接的に携わる必要はありませんので上記した内容は会社に伝えたあとは加害者からの電話にも出る必要はないと言えます。
ただし念のため、何かあったときのために着信があった日時や留守番電話のメッセージなどがあれば、こうしたものについてもしばらくは残しておくようにしましょう。

投稿日:

執筆者:

新しい記事はありません